Rss Feed Tweeter Facebook Myspace Youtube

脱皮。そしてメタモルフォーゼ

ガテンな制作、引き続いております。 ・・っていうか、時間軸で言えば、ここからが勝負じゃん!!! なスパートかける時 なんですね(って、余裕かましている場合ではない)。 個展は来月27日から銀座の福原画廊にて、ですが 詳細はまた後日。 それはそうと、 前回の日記以降、全くもって、全てが 素晴らしく 完璧な 完全なタイミングで ぐいぐいぐいぐい!!!と前に進んでいることに驚かされる。 全てに於いて、前もって計画していた事は何一つないのに、 「たまたまそこに予定を組み込んでいた」はずの「たまたま」が「必然」に なる不思議。 「うっわ〜〜!このタイミングでそう来ましたか?!」 という。 一年半近く前の段階で入れていた予定もあれば、数週間前に 入れた予定もあり、わずか数日前に入れた予定もあったが、 それらこれらがタッグを組んで ひとつの方向に、強力な力で突き進んでいった。 「ここに至る為に全てはあったのか?」と思えるほどだ。 何なんでしょう、こういうの? 「待つ人は未来を恐れる人である」という言葉がフッと浮かび 更に 「進んでゆく人には、ちょうどちょうどになってゆく」 という言葉が浮かぶ。 もちろん、私はこの一年10ヶ月近くになる日々を、あるひとつの大きな壁の 突破を目指して、自分自身と闘ってきたわけだから、 物事がそちらの方向に向かっていっていたことはわかる。 向かっていっていないほうが問題だ。 分かるけれども、それは到底一筋縄な道ではなく、 ほとんど血反吐を吐きながら、行きつ戻りつして、 地固めをしてきたのだ。 進んでいるのか後退しているのか、見えなくなる事ばかりだった。 わずか一週間前の段階では 「本当に突破出来る日は来るんだろうか?」という不安と疲労で 一ミリも動けなくなりそうな、そんな状態だったものが 一年半前に入れていた予定によって 「最後の一押し!」 という、大きな 大きな 大きな、本当に素晴らしい結果となった。 起こってくる出来事からしか、私たちは学べない。 だからといって、苦痛からしか学べないということもないだろうが、 けれども、 感情を動かすことなく成長は出来ないし、 意識の飛躍的な成長というのは、安全圏から出た時にしか出来ない。 ということも事実だと思う。 今、すごく自由だ。 ワンネス、という言葉の意味の一部を知った、、、という気がする。
Share on Facebook0Tweet about this on Twitter0Google+0Pin on Pinterest0share on TumblrEmail to someonePrint this page

22件のレスポンス “脱皮。そしてメタモルフォーゼ”へ

  1. ポテ(・´з`・) より:

  2. おーもり より:

  3. おーもり より:

  4. kako (中性) より:

  5. クリンクル より:

  6. まりこ より:

  7. おーもり より:

  8. おーもり より:

  9. おーもり より:

  10. おーもり より:

  11. おーもり より:

  12. ユミータ より:

  13. あおい より:

  14. おーもり より:

  15. おーもり より:

  16. みゆき より:

  17. おーもり より:

  18. てつろう より:

  19. おーもり より: