Rss Feed Tweeter Facebook Myspace Youtube

先日、友達の誕生日で「クラブに踊りに行ってバカになりましょ〜」
とお誘いを受け、行ってきた。
世界中のクラブ・ランキングで5指に入る(3指だったか?)という
クラブで、素晴らしい音響と照明とで、世界中から超有名な
DJがプレイしにくるようなところだ。
有名なDJの時は地方からもわざわざ新幹線でやってくる
客もいる。
ま、そんなクラブなんだが
そのクラブでのお約束・・・・・というのが私はさっぱりわからない。
何が・・というと、
つまり、男子に声を掛けられた時の対処法がとんとわからんのです。
早い話が、エエトシこいてウブすぎです。ワタクシ。
先日も声かけられ〜の、
「良く来るの?」とか「バーに飲みに行く?」とか言われるわけだが
一気におろおろしてしまうオレ。
そりゃ、受け答えはしますよ。
聞かれたことにも答えますよ。
でもさ、そのあとどーすりゃ良いの???
・・・・・・・・・・という話を友達にしたところ・・・・
「ばかーーーーーーーーーっ!!!
ああいう場所では女の子はお金使っちゃいけないんだよ!!!!!
バーに飲みに行こうよって誘われたら、じゃあ、ごちそうして〜〜〜♪
って一緒に行くのよ!!!」
この場合の「女の子」ってのは年齢のことではありません。
初老の、色町の婦人を一生「ねえさん」と呼ぶように、
花街のお世話係を「若い衆」(絶滅語)と呼ぶように、
ま、そんな意味での「女の子」ね。
そも、クラブってのは、別にナンパ目的なわけでもなく、
(もちろん、意気投合すればそれはそれでオッケーなのだが)
「楽しくその時間を一緒に遊ぼうよ」なノリなそうで、
酒をごちそうしてもらった後も、別にその人のお相手(?)を
ずーーーーっとしなきゃいけないわけでもなく、
再び踊って、また別のところを回遊・・・・・
なんだそうな。
知らんかった。。。。。。。
律儀ですから、性格。
大体にして、声かけてくれる人っつーのが、これまた
「ぜんっぜんタイプじゃないんすけど!」
ならまだ良いが
「むしろ声かけないでくれ!!」
な男子だった日には・・・・・・。
それすらも
「ばかーーーーーーーーーーーーーーーっっっ!!!!!
いーのよ!
付き合うわけじゃないんだから!
その人の友達がカッコいいのがいるかもしれないじゃん!
連絡先交換して、また遊ぼうね〜〜〜!って帰ってくれば
良いのよ!!!」
とか言われ。。。
「ちょっと、マジで?
中学生レベルだねえ」
とあきれられた。
は〜〜〜〜〜、そういうもんだったのね。
疎い。
疎すぎ。
これも場数をふんで鍛えよう。
ちなみに、アドレスやら電話番号交換どころか、
逃げるように帰ってきておりました。。。。。
色々と修行の道は続く。。。