Rss Feed Tweeter Facebook Myspace Youtube

・・・・というわけで
ふっふ。
本日、再,再・組織検査の結果を聞きにクリニックに行ったのでした。
(これまでの経緯は以下の日記に書いてる通り)

http://mixi.jp/view_diary.pl?id=887040824&owner_id=75068
前回、組織検査した大病院では、手術をしぶる私に院長である主治医が
怒り顔でもって「(悪性だから)このまま放置したら
確実に悪くなることになりますよ。
なくなることは無いですから!
そもそも、あなたが忙しいという理由で手術を延ばしていただけなん
ですからね(怒)」
とか言われたが、、、
「んなはずはないはず」・・と、根拠なく思い、
再・再・再度、一番はじめに行ったとっても感じの良い女医さんが
やっているクリニックにて組織検査をしていた。
その結果がですよ。
(女医さん、にっこり笑顔で)
「なくなってますね〜〜。
こういう例は私も経験したことありますのでね。うんうん。」
 
と。
・・・・というわけで、
やっほ〜、やったぜ!ざまーみやがれ!!
・・って,一体、何に向かって「ざまーみろ」なのか知らんけど。
とにかく神様と皆様と自分の細胞くんらに感謝!!
ありがとう〜〜〜〜!!!!
あ、あと、日々、ベランダで美しい花を咲かせてくれていた
植物くんらも。
もし手術なら、それはそれでいいやと思ってたし、
そのことに関しての恐怖は一切無かったし、
別に現代医療を否定もしないし,必要なことはやればいいし
まあ、どっちでもいいやという気持ちではいたんだけれど。
しかし、なにしろ
自分の病を「病」と思ったことは,ウソではなくて一度も無く、
考えもせず、
そんなことより、死ぬか生きるかって問題はもっと別のところにあり、
意識にすらのぼらなかった、健康になろうとすら思わなかった
もう絶対に治ってる・・・・
という確信しか出てこなかった
不思議なんだけど。
そもそも、「大丈夫だ」という確信があればこそ、こういう場に
書いたりしたわけで。
どこに意識をフォーカスするかって事なのだろうか・・・・とも
思ったりする。
ともかくも、そんなわけで、気に掛けてくださってた皆さん、
ありがとう〜〜〜!!