Rss Feed Tweeter Facebook Myspace Youtube

前の日記に「手術をしなければいけない」旨を書いて、
多方面にご心配おかけしておりました。
気に掛けてくださった皆さん、ありがとう!
で、ことの発端は年始めから流血止まらず(つまり生理が全く
終わらずエンエン続く)もので、調べに行ったのですね。
その時の検査で「あ〜、ガン出来てますね〜。手術です」と
即決状態だったんだが
なにしろ、そんな、入院する時間もなにも無い状態だったし
緊急を要するというほどの事態ではなかったんで、延期してたのだ。
延期の間に、ふっ・・・・・と
「コレってさぁ、ストレスによって自分で作り出したもんなん
だから、精神的なことで無くせるはずじゃないの?」
・・・という考えが頭をよぎり・・・・
・・・が、健康な自分、というイメトレをする余裕もなく
更なるストレスは続く(笑)。
しかし、病が進行するはずはない!
・・っていうか、時折、身体のことを考えた時にも
絶対に治ってて当然、という考えしか浮かばない。
でもって、昨日、再度、組織を採っての再検査結果を聞きに行ったの
ですわ。
椅子に座るや、院長がパソコンの画面をじ〜〜〜〜っと見つめて
考えあぐねてる間があり・・
「ほれみろ、結果、悪くないんでしょ」と直観で思う。
主治医の説明はなんだか要領を得ず、2度、3度と突っ込んで
聞き直すと、
そうするに、2月時点で検査したときより、状態は良くなっていて
その意味では「手術の必要はない」のだそうな。
しか〜〜〜〜し!その後の続く言葉は
「でも悪性なのには変わりないですし、自然になくなることは
ありえませんから切除以外ありませんよ」と。
とにかく、もう「切りたい!」のである。彼としては。
ま、医者の立場としてはそうなるのはわかる。
でもさ、「今、手術したら簡単なのに、放置して悪化したら
もっと大変な手術になりますよ」
って、
まあ、医者っつーもんは、常に最悪な事態を患者に伝えるものだが
そんな、患者、脅してどーする!
「う〜〜〜〜〜ん、あと2ヶ月後にもう一度再検査してから
考えていいですかね」
という私の言葉に
口あんぐり・・・「何考えてんだ、こいつは」みたいな表情が
見て取れる。
・・・だってさあ、再検査した時の精神状態って、やっぱり最悪
だったんだよ。
それでいながら快方に向かってるんだから、
今からなんて、ぐんぐん良くなる方向にしか
行きようがないんだから、
「あ、なくなってますね〜」と言わせたいじゃないですか。
・・・っていうか、既にそうだと思うし。
んな訳で、出来たガンくんには
「キミによって色んなことは気づかされた。
そのことはありがとう。
でも、もう役目は果たしてくれたからさ、もう
新しい細胞に場所渡してよ」って言ってサヨナラを宣告。
というわけで、まあ1ヶ月半くらいに別の信頼してる女医さんの
ところで再検査してみるつもり。
心配ご無用!はっはっは。
ま、保身の為に言っておくと、そういう結果じゃなくても、
そん時はそん時だしね。