Rss Feed Tweeter Facebook Myspace Youtube

「縁があるのではない、それはおまえの執着だ。
 縁が切れたのではない、切ったのはおまえの我だ。
 軽々しく「縁」という言葉を使うな。
 
 
 本当の縁はこの雪片のように美しく、
 舞うように舞い、落ちるように落ちる。」
上は・・・誰の言葉か知らないが、人生の師からむか〜し聞いた言葉。
以下は、最近読んでる小林秀雄の言葉の数々。
深い。
染みる。
「誤解されない人間など、毒にも薬にもならない。
 そういう人は、何か人間の条件に於いて、
 欠けているものがある人だ。」
 
           ●
「人間は憎みあうことによっても協力する・・・・。」
           ●
「自分自身を守ろうとする人間から、人々は極く自然に
 顔を背けるものである。
 他人を傾聴させる告白者は、寧ろ全く逆なことを行うであろう。
 人々の間に自己を放とうとするであろう。」
           ●
「忍耐とは、かんしゃく持ち向きの一徳目ではない。
 私たちが、抱いて生きて行かねばならず一番基本的な物は、
 時間というものだと言っても差し支えないなら、忍耐とは、
 この時間の扱い方だと言っていい。
 時間に対する慎重な経験の仕方であろう。
 忍耐とは、顧みて、時の絶対的な歩みに敬意を持つ事だ。
 円熟とは、これに寄せる信頼である。」