Rss Feed Tweeter Facebook Myspace Youtube

はあ〜〜〜っ、。。。。
というわけで、昨日、無事に個展終了した。
たっくさんの人が来てくださって、本当に大感謝です。
一度見に来てくれた方が、ほかの方に「見に行ったほうが
良い」と伝えてくれ、そうしてお越し下さる方も何人もいて、
更に感謝!!
何度も個展はしているけれど、もっと会場が大きな場所でも
やってはいるけど、今回ほど満足のいく展示になったことは
ない。
というのも、新しい展示の試みをしたことが
大きな要因かと思う。
ただ作品を置くだけじゃなく、映像と音と立体と、
全体でひとつの世界をつくろうとしたこと。
それらが、全く同じ質量と素晴らしく高いクオリティーでもって
作品世界を盛り上げてくれた。
映像を創ってくれた一平ちゃん、
音を創ってくれたマサくん、
ありがとう!!
仕事をやりくりして、なんとか最後の4日間はずっと朝から夜中
まで会場にいたのだけれど、そのかいあって、多くの方々とも
お話出来たし生のありがたい感想も聞けたし、
沢山の新しい出会いもあって、これほど意義のある展示って
過去にはなかったな。
個展をやる前は連日とんでもないストレスとプレッシャーで
眠れない日々が続いたりして
「本当にちゃんとした展示が出来るんだろうか」
と不安で一杯になり
「なんで引き受けちゃったんだろ」
と激しく後悔もしたりして
空間をどう作っていくかも、もんもんとしたりして・・・
だったが、
いや、ほんと、やって良かった。
来て頂いたみなさんにもお会いできて良かった。
素晴らしい写真を撮るカメラマンさんにも
「この子(立体)たちも、たくさんの人の気をもらって
すんごく良いんじゃない」と言われたが、ほんとそう思う。
アトリエの棚にしまいこまれているだけじゃあ可哀相だ。
作品をつくる人なら誰でも、自分がつくったものに
対してそう思うんじゃないだろうか。
とにもかくにも、お越し下さったみなさん、
ありがとうございました!