Rss Feed Tweeter Facebook Myspace Youtube

もとダンナさん

わたくしのもとダンナさんは、ばりばりに仕事が出来る お方でしたが、去年の春、きっぱりすっぱり仕事を辞めて、 それ以来ずーっとザックを背負ってアジアを歩いております。 てくてくてく。 で、今年の3月頭に確定申告のために(律儀)日本に帰って きておりまして、ずっと一緒に住んでいて、また今月の 24日には旅立ってしまうのですが。 ここまでは前ふりね。 久々の日本で、ゆっくりするはずだったのが(たぶん) 帰ってくるなり私の仕事やらパソコンまわりのことやら なんやかんやにかり出され、申し訳ないほどに手伝って もらっているわけです。 根っからとっても親切で優しい人だというのはあるにしても いくら何でも申し訳ない!! ちゅうくらい手伝ってもらっているわけで、 いや、もう、本当に、一生頭があがりまへん。 老後の介護が必要になったらまかせろ!! ってな気持ちです。 別れは数年前にしているのだけれど、自分の親兄弟よりも はるかに「家族」なんだな。 仕事がらみで手伝ってもらうから、ということではもちろん なく、 彼の存在は、わたしにとって巨大な精神的支柱なのですね。 一緒にいなくても、どこかにいて、時に適切なアドバイスや 励ましやなんかをくれて、しかもそれにとてつもなく 救われるという存在。 いてくれる、というだけで絶対的な安心感になる存在。 そういう人と、夫婦という形とは別のかたちになっても 縁がつながっていられることに感謝です。 いや、もう、どこに向かって感謝していいのやら、 というくらいありがたいことだなぁ・・・と しみじみしているわけです。 久しぶりに会った友達が、だんなさまを自死で失ってしまった 話を聞いて、意志だけではどうにもならない、人との縁の 不思議というのを色々と考えたりしています。
Share on Facebook0Tweet about this on Twitter0Google+0Pin on Pinterest0share on TumblrEmail to someonePrint this page

21件のレスポンス “もとダンナさん”へ

  1. nolicco より:

  2. かすみ@♪ より:

  3. UO-1 CR-Z より:

  4. あおい より:

  5. おつむちゃん より:

  6. Blue sand より:

  7. パンジー より:

  8. おーもり より:

  9. おーもり より:

  10. おーもり より:

  11. おーもり より:

  12. おーもり より:

  13. おーもり より:

  14. おーもり より:

  15. おーもり より:

  16. おーもり より:

  17. おーもり より:

  18. イオの貴公子 より:

  19. おーもり より: