Rss Feed Tweeter Facebook Myspace Youtube

職人技の結集

10日ほど前になるが家の上棟式をやった。 建築家は「やってもやらなくてもどちらでも良いですよ。」 と言っていたが(この方は、何事につけ強制的な物言いは 一切しない)、 しかし定期的にメールで送られてくる現場写真やら、 伝えられてくる大変な作業を知ると やっぱり職人さん達への慰労と感謝の 意味での上棟式はやるべきだな、と思い、そうした。 全面道路が狭いこと。 よって、鉄筋を入れるための大型車を止めておけないこと。 地盤は強固だが、以前建っていた建物に地下室があり、 それが逆に大きなネックになったこと。 などなど、構造をどうするか、で相当に頭を痛めたようで、 従来通りのやり方では造れない。 限られたコストの中でどう良いものをつくるか、 という問題もある。 上棟式での宴会で初めて話を聞いて驚いたが、まったくもって ミニ「プロジェクトX」状態だったようだ。 建築家が超優秀なかたであるのは勿論の事、構造設計家も 若手で優秀な方だったらしく、現場の職人達と6時間くらい 討論していたこともあるらしい。 最終的には「よーし、やってやろうじゃないの!」と 職人魂炸裂だったようで。 非常に難しい、手作業の多い現場であることが予想され、 そのせいか鉄筋、鉄骨の職人さん達も熟練した人達が 集められていた。 みんなプロ中のプロ。 なんかやる気が全員に充満していて、各持ち場で、 要求以上の、採算度外視の仕事をして下さっている事を 知り、感謝してもしたりないくらいだった。 彼ら(主任建築家と実質担当建築家)の実力と人柄のせいか、 関わる全ての人達がいちがんとなって、建物に愛情を そそいでくれている。 本当にありがたいことだ。 やっぱり上棟式、やって良かったな、としみじみ思う。 お互いが顔を合わせるというのは本当に大事なことだな。 ところで、 全幅の信頼をおける建築家に依頼すると、ほんっと楽だ。 「外部と内部があいまいな感じの開かれた空間の建物」 「露天風呂が好きだから、そういう気分になれる バス・ルームが欲しい」 という要求だけ出して、あとは一切おまかせした。 結果、なんかめちゃめちゃカッコイイ家になりそう。
Share on Facebook0Tweet about this on Twitter0Google+0Pin on Pinterest0share on TumblrEmail to someonePrint this page

23件のレスポンス “職人技の結集”へ

  1. Blue sand より:

  2. イオの貴公子 より:

  3. おーもり より:

  4. おーもり より:

  5. イオの貴公子 より:

  6. くますけCR-Z より:

  7. いくCR-Z より:

  8. ARU@CR-Z より:

  9. おーもり より:

  10. おーもり より:

  11. おーもり より:

  12. おーもり より:

  13. みゆき より:

  14. おーもり より:

  15. みゆき より:

  16. おーもり より: