Rss Feed Tweeter Facebook Myspace Youtube

連休中も仕事なり。
が、昨日「Shall we dance?」を観てきた。
けっこう楽しみにしてたんだがなぁ・・・う〜〜〜ん。
細かいギャグなんかはほぼ、そのままオリジナルと同じにしてあって、
要所要所では笑えるんだが、オリジナルとは別の映画として観た方が
ストレス無いという感じ。
比べてしまうと、圧倒的に周防監督のオリジナルのほうが完璧なつくりだ。
話のテーマを、「中年の危機」(そこそこ地位や名誉や幸せな家族なんかを
手にしても、ハタと自分はこれで良いのか?と立ち止まって悩むこと)→
「踊りの楽しさの発見による自己再生」
ではなく、あくまで「中年の危機」→「夫婦関係の再確認」にしたところが
いかにもアメリカ的かもしれない。
後半なんかほとんど夫婦の話だもんね。
しかし、けっこう感動するところもあって。
正確なセリフは忘れたが、妻の語りで「何十年も一緒に居るという意味は、
なんのかんのあっても、相手がこういう風に生きた、という証人になること」
みたいな事を言うんだな。
これにはグッときた。
グッときて思わず涙が出てしまったが、これ、掘ってしまうとまずいところに
行きそうなので「証人なんかいなくたって自分が知ってりゃそれで良いもん」と
強がりを言ってみたりして。
いや、自分の心にですよ。たはは。
あ、いや、違うな。
自分の人生を誰かに見ていて欲しいとは思わないんだ。
思わないけど、誰かのは見たい、見続けられたら幸せだろうという思いがあって、
しかし
そういう関係をつくれる相手と出会うのかねぇ・・・という思いだな。
おお、そうか。やっぱりあれは「夫婦の話」だったのか、アメリカ版。
まあ、一生一人と付き合うもよし。
その時、その時で互いの縁に応じて入れ替わるもよし。
人と人とは結局「縁のあるなし」、だからね。
にしても、なんでジェニファー・ロペスなんだろう?
色気ありすぎで社交ダンスをやる雰囲気は全く無いけどねえ。
草刈民代さんの品格には遠く及ばず。
妻役のスーザン・サランドンを久々に観られたのは良かったけどね。