Rss Feed Tweeter Facebook Myspace Youtube

日曜、代官山に太鼓集団「 GOCOO」のライブを見に言った。
http://www.gocoo.tv/jp/gocoo_tv_main.html
女性7名、男性4名からなる太鼓集団。メインは女性達。
「トランス系に興味ありならハマると思うよ」と友人に誘われ出かける。
いっや〜〜、めっちゃカッコ良かった!
太鼓は前から興味があった。そもそも「トランス系」なんてあえて言わなくても、太鼓の音自体が聴く者をトランス状態にするわけで、なんか人間の根源的生理的快感にダイレクトに訴えるものなのだよね。
大地の鼓動と心臓の鼓動がびったりと一体化して、えも言われぬ快感になる。
バリにジェゴグという、竹で作った打楽器の編成ものがあるけれど、あの重低音を聴いているとトランス状態で恍惚となるのに似ている。
オール・スタンディングで、しかも最前列で見ていたもんだから、奏者の筋肉の動きがつぶさに見られてこれまた良かった。
もうね、筋肉が美しいのなんのって!
ことに肩甲骨周辺の筋肉!
しかし凄い体力だ。
力で叩いていたらあっという間に音をあげるんだろうな。
丹田に気をためて上半身は力抜いて柔らかくしていないと、とうていあんな長時間叩き続けられないだろう。
観ている方も快感だが、やってる方も当然脳内麻薬が出まくっていると思われ、「あはは、あはは」っていう満面の笑顔で奏している。
わっかるな〜。踊りを踊っても、ボクササイズとかしていて「えへえへ」という笑いになってしまうものね。あっちゅう間にハイになる。
ところで、リーダーの女性は元、鍼灸師で「もっと人々とエネルギーを交歓出来ることはないかな」と太鼓をやり始めたらしいが。
しかしだね、観ていて思ったが、太鼓は「観るのも楽しいが、自分がやったらもっと楽しいだろう」、と。
このグループのリーダーが太鼓教室もやっているそうなので習いに行ってみるか。とにかく自分で叩きたい!!んである。
話のトーンは一気に変わる。
(日記を毎日書いてないと、こういうはめになる。本来この二つの話を同時にアップするのもどうかと思うが仕方ない。)
奥山貴宏さんがおととい亡くなった。32歳。編集者、件ライター。
http://www2.diary.ne.jp/user/109599/
体調を崩して入院したらガンだった。しかもいきなり「余命2年」」と宣告されてしまう。
「31歳ガン漂流」(ポプラ社)「32歳ガン漂流エヴォリューション」(牧野出版)と、自身の病状や日常を綴り、死ぬ間際まで仕事をし続け、残された時間を濃密に疾走した奥山さん。
数日前にマガジンハウスから出たばかりの「ヴァニシング・ポイント」を半分までよんだところだった。
「ガン漂流」は、こういっちゃあなんだが一言で「面白い!」と言いたくなるような内容で(読んだ多くの人の感想もそれだったらしい)、普通の闘病記みたいなものとは一線を画していた。
音楽と小説と映像に強かったせいか、文章も独特な空気があって、闘病記なんだからそこそこ深刻に読まなけりゃ悪いような後ろめたさを感じつつも、思わず笑ってしまうような面白さがあった。
ひとえに奥山さんが、自分自身を突き放して見続けていたからこそのものなのだが。
一冊目を出したあと、たまたま会って数時間話をする機会があり、その時もナンという話をしたわけではないのだがズシンと残るものがあった。
あの「ズシン」という感じは一体なんだったんだろうと後日考えた。
それは、(誤解を恐れずに言うが)今、目の前にいる人は、確実に、死ぬ、しかもあとわすかな時間で、という事がわかっている事からくる「ズシン」だったと思う。
どんなに親しい関係の相手でも、普通、相手は1年先も5年先も多分20年先も「生きている」という前提でもって相対している。
いつかは死ぬのだ、この世界を共有する事はなくなるのだ、なんてことをいちいち考えたりはしない。当たり前だが。
それが、「ある地点まで」とはっきり区切られているということ。そのことの「ズシン」。
そう感じるのもこちら側の勝手なのだが。
しかし悲しいのではない。
本人も「夏休みは終わりがあるからこそ楽しい」と言っていたし、普通の何百倍もの密度で残された時間を生きたはずで、彼の目には(副作用でのたうち回る苦痛を感じながらも)一方で、世界はきらきらと輝いていたと思う。
心からご冥福を申し上げる。